運動しないで痩せる簡単な方法

運動しないでも痩せることは可能なのか?、と聞かれれば、十分に可能だと答えられます。むしろ、運動しない方が痩せるのは簡単だとも言えます。

なぜなら、運動しないで食事制限だけで痩せる方が、ダイエットの難易度が低いからです。

運動はダイエット方法としては体重が減りにくいです。逆に、食事制限は運動よりも体重が減りやすいです。

だから、体重を大きく減らしたいなら、食事制限をダイエットの主体にするべきです。

以上のことを前提として、運動しないで痩せる簡単な方法を解説します。

なぜ運動しない方が痩せるのか?

運動しないで痩せる方がダイエットの難易度が低く、大きく体重を減らす場合は食事制限の方が有利だと上に書きました。

まず、運動はダイエット効果が低いので、痩せることが難しいです。

例えば、体重55キロの人がジョギングを30分行った場合の消費カロリーは173.2kcalです。

運動が好きな人ならジョギングをすればよいと思いますが、運動嫌いの人は特にジョギングを30分もやってられないと思います。

それに加えて、運動することが食欲の増進に結びついてしまいます。運動後はお腹が減るので、食事の時にご飯をおかわりしてカロリーを余分に摂取してしまいかねません。

せっかく30分のジョギングで173.2kcal消費しても、ご飯をおかわり(お茶碗1杯分のカロリーは269kcal)してしまえば運動の意味がありません。

いえ、むしろ逆に太ってしまいます。(173.2kcal消費して269kcal摂取すれば、95.8kcal分太ってしまいますね。)

逆に、食事制限の場合はダイエット効果の割に精神的苦痛が少ないです。

1日3回の食事のどこかでお茶碗1杯分のご飯(269kcal)を減らすだけで、ジョギング30分(173.2kcal)よりも大きなダイエット効果を得られます。

だから、運動しないで痩せる方がかえって体重を減らしやすいわけです。

運動しないで痩せるなら酵素ダイエットを

酵素ダイエットは、運動しないで痩せる場合の食事制限としては優れた方法です。なぜなら、酵素ダイエットは基礎代謝を補うダイエット方法だからです。

食事制限は体重が減りやすい反面、基礎代謝を低下させてしまいます。

食事制限を続けていくと体重が減りにくくなり、次第に体重が減らなくなります。その理由は、基礎代謝が低下するからです。

しかし、酵素ダイエットで酵素を補っておけば、食事制限による基礎代謝の低下を食い止めることができます。酵素にはエネルギー代謝を上げる効果があるからです。

酵素ダイエットが体重が減りやすく、リバウンドしにくいのはこのためです。