ヨガダイエットは効果が低い。ヨガよりダイエット効果が高い運動は?

ヨガのダイエット効果については脂肪燃焼(体重が減る)、体が引き締まる、痩せやすい体質になれる(基礎代謝が上がる)などと言われています。

しかし、ヨガのダイエット効果は本当なのでしょうか?また、ヨガでキレイに痩せるというのは本当で、他の運動と比べてどれくらい効果が高いのでしょうか?

ヨガのダイエット効果について詳しく解説します。

ヨガダイエットは効果が低い

ヨガのダイエット効果は世間一般で言われているほど高くありません。確かにヨガは有酸素運動の1つではありますが、消費カロリーが極端に低い運動なのです。

例えば、体重55キロの人がヨガを1時間行った場合の消費カロリーは86.6kcalです。エアロビクスなら317.6kcal(1時間当たり)で、消費カロリーは約3.7倍です。

体重を1キロ減らすのにエアロビクスなら22.6時間で済むところ、ヨガなら83時間もかかってしまうのです。

普通に考えて、体重をたった1キロ減らすのに83時間もかかるなら、ヨガのダイエット効果はやっても意味がないレベルだと言えます。

なぜなら、入会金を払ってヨガレッスンを受け始めたとして、1レッスンが1時間としましょう。83レッスン受けてやっと体重が1キロ減るのです。

1ヶ月9000円支払って月に4回のレッスンを受けられるとして、約21ヶ月(1年半以上)もの時間が必要です。(金額では18万円!)

たった1キロ減らすのに21ヶ月もかかるなら、もう食事制限でサクッと体重を減らした方が早いと思いませんか?

さらに、ヨガは体の引き締め効果もかなり低いです。

引き締まったキレイな体を作りたいと思ってヨガを始める人もいると思いますが、残念ながら、ヨガで引き締まったキレイな体を築くのは無理でしょう。

ヨガの引き締め効果が低い理由は、ヨガが筋肉を鍛えられるような運動ではないからです。

体を引き締めるには筋肉を鍛える必要があるわけで、ヨガは緩い運動なので筋肉はほぼ発達しないです。

ヨガをやっても体重は減らないし、体もキレイに引き締まらない。だから、ヨガはダイエット効果を求めてやるような運動ではないわけです。

一応言っておきますが、ホットヨガのダイエット効果は普通のヨガと同レベルです。違いは汗をかく(汗をかいても体脂肪は減らない)かどうかの違いだけです。

汗をかくことはダイエット効果に結びつかないので、ホットヨガの「ホット」の部分には何の意味もないです。(汗を流して運動をした!という気分にはなるでしょうが。)

ヨガよりダイエット効果が高い運動は?

ヨガと比べてダイエット効果が高い運動は山ほどあります。

というより、ヨガはダイエット効果が特に低い運動の1つなので、ヨガ以外の運動はたいてい効果が高いでしょう。

例えば、ヨガと比べたダイエット効果は体操=1.7倍、ジョギング=4倍、水泳のクロールでゆっくり泳ぐ=4.6倍といったところです。