ホットヨガは効果なし。ホットヨガで痩せるは嘘!

ホットヨガは効果的なダイエット方法だと言えるのでしょうか。いいえ、ダイエットの観点から言えば、ホットヨガの効果は失望するほど低いです。

実際、ホットヨガが痩せる運動だと期待して通い始めたなら、ホットヨガがあまりにも痩せないので失望してしまうと思います。

ホットヨガのダイエット効果について詳しく解説します。

ホットヨガの効果はヨガより高い?

ホットヨガの効果って、普通のヨガと比べて何が違うのでしょうか。実は、ダイエット効果としてはヨガもホットヨガも全く同じです。(消費カロリーの観点から)

ホットヨガが違う点は、室温39度で湿度60%の、多湿で発汗しやすい環境でヨガを行うことです。だから、ホットヨガはヨガよりも汗をかきます。

しかし、汗をかきやすいからといって、ホットヨガのダイエット効果が特別に優れているわけではありません。なぜなら、汗をかくことはダイエットと無関係だからです。

汗をかくだけでは、体はカロリーを消費しません。

しかし、痩せるためには(体脂肪を減らすには)カロリーを消費する必要があります。カロリー消費がない時点で、汗をかくことにダイエット効果は皆無なのです。

ホットヨガはダイエット効果がヨガより決して高いわけではないのに、ホットヨガの方が効果が高いと錯覚させるために、意図的に汗を流させているわけです。

普通の人は、(ジョギングなどから連想して)汗をかくと運動した気分になります。その点において、ホットヨガの効果を強調するヨガスタジオは詐欺に近いとも言えます。

ホットヨガで痩せるは嘘!

もしホットヨガが痩せる運動だと思っているなら、実際には痩せないので、ホットヨガのダイエット効果を過信しないことです。

実際、ホットヨガスタジオではホットヨガの効果を「温めで代謝UP」「多量の汗でデトックス効果」などと、ヨガよりダイエット効果が高いと意図的に錯覚させています。

汗をかくことはダイエットにつながらないため、ホットヨガの効果はヨガと何ら変わることはないのです。

それでは、ヨガにはダイエット効果がどれくらいあるのでしょうか?

ヨガのダイエット効果について

ヨガのダイエット効果を他の運動と比較するなら、消費カロリーを比べることになります。なぜなら、運動のダイエット効果は消費カロリーで決まるからです。

ヨガにどれだけ神秘的なイメージがあったとしても、ダイエット効果という科学の視点で見るなら、消費カロリーだけが効果をはかる指標となります。

ヨガの消費カロリーは1時間当たり94.5kcalです。(体重60キロの人の場合)

それでは、一般的な他の運動の消費カロリーはどれくらいでしょうか。

運動)
・ジョギング…378kcal
・エアロビクス…346.5kcal
・ウォーキング(通勤時の速度)…144.9kcal
・ウォーキング(子どもと歩く速度)…94.5kcal

運動以外)
・掃除機で掃除…157.5kcal
・料理や食材の準備・片付け(歩行)…94.5kcal

ヨガの消費カロリーはゆっくり速度のウォーキングと同じです。ダイエット目的なら、あえてヨガスタジオに通うまでもなく、ウォーキングすればよいわけですね。

興味深いのは、ヨガよりも家事をする方が消費カロリーが多いことです。家事をする時間を割いてヨガスタジオに通うなら、逆にダイエットにはマイナスになります。

ホットヨガウェアに特別な効果はある?

ホットヨガウェアの機能性は動きやすさだけなので、ダイエット効果の点においてはジャージと何ら違いはありません。

ジャージよりホットヨガウェアが優れている部分は、見た目がオシャレなことだけです。

だから、ホットヨガを長く続ける自信がない(あるいは体験するだけ)なら、とりあえずジャージのような今ある服装で参加しておけばよいでしょう。

ホットヨガの効果のまとめ

ホットヨガの効果がヨガより特別に優れているわけではなく、消費カロリーは他の運動や家事より少ないです。

だから、純粋なダイエット目的なら、ホットヨガをやるより料理や掃除など家事をやる方がはっきり言って痩せます。

ダイエット目的ならスポーツジムに通う方が効果が大きく、ホットヨガに他の目的(人付き合いなど)がないならあえて通う理由はないでしょう。