お腹痩せを即効で実現する方法

即効でお腹痩せする方法として、あなたなら腹筋と食事制限、ジョギングのどれが正しいダイエット方法だと思いますか?

お腹痩せ方法でしかも即効でとなると、やはり、腹筋を選ぶ人が一般的ではないでしょうか。腹筋マシンもかなり売れていますしね。

お腹痩せを即効で実現する方法を解説します。

腹筋はお腹痩せに効果がない

実は、腹筋はお腹痩せには、ほぼ全くと言ってよいほど効果がありません。むしろ意外かもしれませんが、腹筋よりもジョギングの方がお腹痩せには効果があります。

お腹痩せを実現するためには、お腹の脂肪を減らす必要があります。

しかし、腹筋はお腹の脂肪を減らす運動というより、お腹の筋肉を鍛える運動です。

お腹の筋肉を鍛えても筋肉が分厚くなるだけであり、お腹がへこむどころか逆にお腹が厚くなる、と考えるのが正しいイメージです。

では、腹筋のお腹痩せ効果は何でしょうか。

それは他の運動と同じく、消費したカロリー分だけ全身から体脂肪が均等に減ることです。腹筋をしたからといって、お腹の脂肪が集中的に減るわけではありません。

どの運動をした場合でも体脂肪の減り方は同じで、全身から均等に体脂肪が減ります。

例えば、スクワットや足痩せ体操をしても、使った足の脂肪が集中的に減るわけではなく、全身の脂肪が少しずつ均等に減ります。

ジョギングやウォーキングをした場合も同じで、主に使った下半身の脂肪が集中的に減るわけではなく、あまり使っていない上半身も含めて全身の脂肪が均等に減ります。

要は、腹筋に特別なお腹痩せ効果があるわけではなく、他の運動と変わらないのです。

だから、重要なのは消費カロリーのみです。しかし腹筋は消費カロリーがかなり少ない運動です。

例えば、腹筋を10回した場合の消費カロリーは5kcal程度です。無理して50回したとしても、消費カロリーは25kcal程度に過ぎません。(体重55kgの女性の場合)

ちなみに、ジョギングを15分した場合の消費カロリーは101kcal程度です。ジョギング15分のお腹痩せ効果は、腹筋50回の約4倍だというわけです。

お腹痩せにはジョギングがいい?

腹筋よりもジョギングの方がお腹痩せには効果がありそうですが、だからと言って、ジョギングをすれば即効でお腹痩せできるわけではありません。

なぜなら、「運動で痩せる」という行為自体が、難易度が高いからです。

例えば、ポテトチップス1袋(539kcal)の間食をやめるのと、ジョギングを80分(539kcal)するのでは、どちらの方が楽だと感じますか?

どちらもお腹痩せ効果は同じです。

あるいは、ご飯を1杯分(140g=235kcal)抜くのと、ジョギングを33分間(235kcal)行うのとでは、どちらの方が楽だと感じますか?

大部分の人は、後者(食事制限)の方が楽だと感じるはずです。

要するに、運動よりも食事制限の方が、楽にお腹痩せできるわけです。

即効でお腹痩せするには?

では、お腹痩せを即効で実現したい場合には、どうすればよいのでしょうか。

一番即効でお腹痩せできて、しかも精神的苦痛が比較的少ない方法が酵素ダイエットです。

酵素ダイエットとは、酵素を補うことで基礎代謝を上げる(消費カロリーを増やす)ダイエット方法です。

例えば、1日1食を酵素ドリンクに置き換えるような酵素ダイエットを行えば、食事制限(カロリー制限)をしながら基礎代謝(消費カロリー)も上がります。

体内酵素は代謝に欠かせない成分です。加齢とともに体内酵素が減っていくにつれて、基礎代謝も低下していきます。

お腹に脂肪が付きやすい原因の1つは、加齢による基礎代謝の低下です。酵素ダイエットで基礎代謝が上がれば、お腹の脂肪も落ちやすくなります。

酵素ダイエットの効果は補う酵素量に比例するため、優光泉酵素のような酵素原液100%の酵素ドリンクがお腹痩せには効果的です。