生理の時に体重が増える原因と2つの対策

生理中に体重が増える人と増えない人がいますが、両者の違いは何なのでしょうか。また、生理の時に体重が増える原因は何なのでしょうか。

生理中に体重が増える原因

まず、生理中になぜ体重が増えるのかというと、原因はむくみです。

生理中に体重が増える原因は体脂肪ではありませんので、体重が増えたからといって太ったわけではありません。

だから、生理中は太りやすいなどはありませんので、「生理中にはダイエットをしても無駄」などと考える必要はありません。

逆に生理後は体重が減りやすい傾向があると思いますが、体重が減りやすいからといって「生理後はダイエット効果が倍増する」などということもありません。

生理前や生理中の体重増加、生理後の体重減少はあくまでもむくみが原因なので、一時の体重増減に惑わされることなく、平常通りにダイエットすることをお勧めします。

なぜ生理中はむくみやすい?

生理中にむくみが出やすい理由は、月経前症候群という生理に関連した症状が関係しています。月経前症候群の症状の1つがむくみであり、だから生理中はむくみやすいのです。

月経前症候群とは、生理の約10日~3日前に始まり、生理が始まるとともに症状が軽くなっていきます。

また、月経前症候群の症状はむくみの他、精神的な症状(不安やうつ、いらいらなど)や肉体的な症状(お腹や乳房が張る、腰痛や関節痛など)が出やすいです。

月経前症候群が生理前に始まり生理開始とともに軽くなるので、生理前と生理中は体重が増えやすく(むくみやすく)生理後は体重が減りやすいのです。

生理中の体重増加を抑えるには?

では、生理中の体重増加はどうすれば抑えられるのでしょうか。そのためには月経前症候群の症状を軽くするような対策が必要です。

生理の時に体重が増える傾向にある人ほど、月経前症候群の症状が重いと考えられます。

だから、月経前症候群の症状が重い人ほど、対策次第で生理中の体重増加を大幅に抑えることが可能だと言えます。

その対策ですが、まずはストレスを解消させるように工夫してみましょう。

月経前症候群の症状を重くする原因の1つが、ストレスです。だから、逆にストレスを解消することが月経前症候群の症状を軽くする1つの対策となります。

自分のやりたいことをしてストレスを解消できれば、月経前症候群の症状の1つであるむくみも改善して、生理中の体重増加を抑えられます。

月経前症候群の症状が重くなるもう1つの原因が栄養不足なので、症状を軽くするもう1つの対策が、栄養不足の改善です。具体的には野菜で栄養を補うとよいでしょう。

月経前症候群の症状を軽くしつつ、むくみを改善させ、さらに体脂肪も減らしていける一石三鳥のダイエット方法が、優光泉酵素を利用した酵素ダイエットです。

優光泉酵素は九州産野菜を主原料にした、酵素原液100%の酵素ドリンクです。優光泉酵素をコップ1杯飲むとバケツ1杯分の野菜の栄養を補うことができます。

これが月経前症候群の原因となる栄養不足を解消させる他、むくみの主原因であるカリウム不足も解消することができます。

また、酵素原液100%の優光泉酵素は代謝アップに欠かせない酵素を多量に含むため、基礎代謝もアップして体脂肪を減らす効果も期待できます。