夜置き換えダイエットなら1ヶ月で何キロ痩せる?

夜だけ置き換えダイエットをした場合、1ヶ月で何キロ痩せるのでしょうか。現在の体重や置き換える食品のカロリーにもよりますが、だいたい1~3キロ弱といったところです。

例えば、夕食を180kcalのダイエットドリンクに置き換えた場合、一切間食をしないなら、体重50キロの人は1.5キロ、体重60キロの人は2キロくらい痩せるでしょう。

夜の置き換えダイエットが一番痩せる?

置き換えダイエットといっても、夜の置き換えダイエットが一番痩せるのか、あるいは、朝や昼に置き換えダイエットをしても痩せるペースに違いはないのか。

この辺のことが気になっていると思います。

朝は小食で、夜にどかっと食べる人の場合、夜に置き換えダイエットをした方が痩せやすいでしょう。ただし、食べ足りない感覚も強い(我慢が必要)と思います。

逆に、普段朝食を食べない人が、朝に置き換えダイエットをするとどうでしょうか。

朝食を抜いていた人が朝に置き換えダイエットをしても、痩せるわけがありません。

普段朝食を食べていなかった人がダイエットドリンク(180kcal)を飲み始めた場合、逆に太ります。

摂取カロリーゼロのところを180kcal摂取するわけですから、40日ごとに体重が1キロ増えるペースで太っていきます。

置き換えダイエットで体重が減るペース

体重50キロの人が置き換えダイエットをした場合、1ヶ月に約1.5キロのペースで体重が減っていきます。

運動をあまりしない体重50キロの人の場合、1日消費カロリーは1628kcalくらいです。朝食と昼食、夕食の摂取カロリーが均等の場合、1回の食事で543kcal摂取していることになります。

これ(543kcal)をダイエットドリンク(180kcal)に置き換えた場合、1食あたり363kcalずつのカロリー制限(食事20回で体重が1キロ減るペース)ができます。

現在の体重別に、1日1食置き換えダイエットで1ヶ月後に減る体重は次の通りです。

(現在の体重⇒1ヶ月後に何キロ減るか)
45キロの人⇒-1.3キロ
50キロの人⇒-1.5キロ
55キロの人⇒-1.7キロ
60キロの人⇒-2.0キロ
65キロの人⇒-2.2キロ
70キロの人⇒-2.4キロ

ただし、上記の数値はあくまでも平均値にすぎません。

基礎代謝が高い人は平均以上に体重が減る一方、基礎代謝が低い人は平均以下しか体重が減りません。

例えば、基礎代謝が標準の人が置き換えダイエットをしたら1ヶ月で1.5キロ体重が減るところ、基礎代謝が高い人は1ヶ月後に2キロ減ることもめずらしくありません。

逆に、基礎代謝が低い人の場合、1ヶ月後に1キロも減らない(あるいは全く体重が減らない)場合も十分に考えられます。

1日消費カロリーのうちで、基礎代謝が占める割合は7割程度。人が1日に消費するカロリーの大半以上が基礎代謝によるものなのです。

そのため、基礎代謝が低下すると、1日消費カロリーそのものが大幅に落ちるから体重が減りにくくなるわけです。

基礎代謝が低下する主因は無理な食事制限です。当然、置き換えダイエットも体に負担をかける食事制限の1つなので、長く続けるほど基礎代謝を下げます。

その他に、加齢や運動不足も基礎代謝が低下する原因です。

実は、基礎代謝を低下させない置き換えダイエットの方法があります。

それが酵素ダイエットです。

無理な食事制限は体内酵素量が減る原因ですが、体内酵素量が減ると基礎代謝が低下します。体内酵素はエネルギー代謝に不可欠な成分だからです。

酵素ドリンクで置き換えダイエットをした場合、酵素も補うことができます。

普通の食事制限なら減っていく体内酵素を、酵素ダイエットの場合は食事制限と同時に補えるので基礎代謝を低下させないわけです。

酵素ダイエットの効果は補う酵素量に比例しますが、酵素が一番多く入っている酵素ドリンクは優光泉酵素(酵素原液100%)です。