全然体重が落ちない原因と対処法

食事制限をしても全然体重が落ちないし、運動をしても全くダメ。何をしても全然体重が落ちない時、その原因は何で、今後どのようにダイエットを進めるべきなのでしょうか。

体重が落ちない原因

まず、体重が落ちない原因はいくつかあり、代表的なものを挙げると次の通りです。

1.摂取カロリーが過剰になっている
2.運動でダイエットをした気になっている
3.塩分の過剰摂取でむくみがある
4.短期間の体重変化にとらわれている
5.基礎代謝が低いので体重が落ちない


1.摂取カロリーが過剰になっている

当然といえば当然ですが、1日消費カロリーに対して摂取カロリーが過剰になっていれば、体重は落ちないです。

食事の量を意識的に減らしていると自分では食べていないと強く感じますが、途中で「ちょっとくらいなら」と間食している可能性もあります。

間食が体重が落ちない原因になる場合も多いのです。

また、食事で脂っこいメニューを頻繁に食べている場合も、体重が落ちない大きな原因になるでしょう。洋食よりも和食にした方が摂取カロリーが低くなります。


2.運動でダイエットをした気になっている

「運動をしても体重が落ちない」と悩む人は多いです。この手の悩みを抱えるのは当然のことで、なぜなら運動は体重が落ちにくいダイエット方法だからです。

運動は精神的苦痛が大きいので「ダイエットした!」という気持ちが強いですが、消費カロリーは想像している以上に少ないです。

だから、運動をダイエットのメインに考えているなら、やめた方がよいでしょう。

運動の代わりに食事制限をダイエットの主体にするか、食事制限をダイエットのメインにしつつ、運動は補助的な役割(健康効果)を期待する程度にとどめておきましょう。


3.塩分の過剰摂取でむくみがある

「足のむくみが取れない」「顔がむくむ」など体のむくみを感じている場合、食生活で塩分摂取を控えるようにしてみましょう。

むくみを取るのにメリロートなどのサプリは必要ありません。

病気以外でむくみの原因になるのは、塩分の過剰摂取です。塩分を過剰摂取すると体が水分をため込むため、むくみが発生するのです。


4.短期間の体重変化にとらわれている

体重計に毎日乗っているなら、体重は常に安定せず、「0.5キロ減った」「1キロ増えた」「また0.5キロ減った」に一喜一憂していることでしょう。

体重は体脂肪だけでなく体の水分量でも変化するので、0.5キロくらい上下して当然です。例えば、おしっこに行く、行かない、だけで0.5キロは変化するわけです。

運動で汗をかいたら体重が数キロくらい減りますし、運動後に水を飲むと体重は戻ります。

要は、「体重が落ちない」と一喜一憂するより、体脂肪率の方が重要ですよ、ということです。


5.基礎代謝が低いので体重が落ちない

全然体重が落ちない原因の1つに、基礎代謝の低下があります。

一時の体重変化に一喜一憂するより体脂肪を減らすことを考える方が重要ですが、基礎代謝が低いと体脂肪は全然減りません。

体脂肪が減らない結果、体の水分量の変化で体重が瞬間、瞬間では上下しても、数値は常に高止まりします。

基礎代謝が減る原因は間違ったダイエットであり、間違ったダイエットで大幅に基礎代謝を減らしてしまった後は、何をしても全然体重が落ちないのです。

そうなると、再び基礎代謝を正常な数値まで戻さないと体重はずっと落ちないままです。

基礎代謝を上げる簡単な方法は酵素ダイエットです。

体の代謝活動には酵素が必要で、それを補うには酵素ドリンクが最適です。

また、酵素を最も効率よく補えるのが酵素原液100%の酵素ドリンクであり、市販で唯一の酵素原液100%である酵素ドリンクが優光泉酵素です。