ダイエット後にリバウンドしない方法

ダイエットで痩せた後にリバウンドする原因は、無理な食事制限による基礎代謝の低下です。それでは、なぜ食事制限が基礎代謝の低下につながるのでしょうか。

また、どうすれば基礎代謝の低下やダイエット後のリバウンドを防ぐことができるのでしょうか。

ダイエット後にリバウンドしない方法を詳しく解説します。

ダイエットとリバウンドの繰り返し…

なぜか、ダイエットとリバウンドの繰り返しがいつまでも続いていく…。こんな辛い悪循環に陥ってしまう原因は何なのでしょうか。

ダイエットでリバウンドを繰り返す原因は、無理な食事制限にあります。

例えば、1日の2食を抜いて、1日1食しか食事をしないようなダイエット方法。これがリバウンドを繰り返す原因になります。

あるいは、ファスティングや断食など、食事の一切を取らないようなダイエット。これもリバウンドの原因になります。

ダイエットでリバウンドする原因

一般的に、ダイエットでリバウンドする原因は、「食事制限によって体の筋肉量が減るから」だと言われています。これは半分正しいですが、半分間違っています。

また、「筋トレで筋肉を増やせばリバウンド防止に役立つ」。これも半分は正しいですが、半分は間違っています。

無理な食事制限によるダイエットがリバウンドの原因になる、という点は正しいです。

しかし、「体の筋肉量が減るからリバウンドする(基礎代謝が低下する)」「筋トレがリバウンド防止(基礎代謝アップ)に役立つ」というのは間違いです。

なぜなら、筋肉の基礎代謝量(消費カロリー)は意外と少ないからです。

ちなみに、筋肉1キロ当たりの基礎代謝量は、13kcal/日です。また、一般人が筋トレで増やせる筋肉量は、1年で2.55kgだと言われています。

1年間、必死で筋トレをしても、基礎代謝は33kcal(2.55kg×13kcal)しか増えないわけです。33kcalと言えば、飴2つ分のカロリーです。

たったそれだけの基礎代謝を上げても、ダイエットに役立つレベルとは言い難いし、リバウンドしない体質になれた、とも言い難い状況です。

よって、リバウンドの原因は筋肉とは無関係のところにあると言えます。

ダイエット後のリバウンドを防止するには?

ダイエット後にリバウンドする本当の原因は、無理な食事制限によって栄養の偏りや栄養不足に陥り、それによって体内酵素が減少するからです。

体内酵素はエネルギー代謝に欠かせない重要な成分です。体が体脂肪を燃焼させてエネルギーを取り出す時には、その燃焼過程で体内酵素が必要になります。

まず、体脂肪を酵素反応でATP(体が利用できるエネルギーの形)に変換し、ATPを消費してエネルギーを生成します。

よって、体内酵素が減少して「体脂肪→ATP」変換の効率が悪くなれば、基礎代謝が低下する(太りやすい体になる)わけです。

ダイエット後にリバウンドしない方法は、酵素ドリンクで酵素を補うことです。酵素ドリンクで体内酵素の減少分を補うことで、基礎代謝の低下を防ぐことができます。

なお、酵素ドリンクで効果が高いのは、優光泉酵素のような酵素原液100%の製品です。酵素が薄いジュース系酵素ドリンクではほとんど効果を期待できません。