ダイエットの停滞期から脱出する方法

辛いダイエット停滞期を脱出する効果的な方法とは、いったい何なのでしょうか。ダイエット停滞期の原因は明確なので、停滞期から脱出する方法もまた明確です。

ダイエット停滞期の原因と、ダイエット停滞期から脱出する方法を詳しく解説します。

ダイエット停滞期の原因

ダイエットで停滞期に陥ってしまう原因、言い換えれば、ある日を境にダイエットしても体重が落ちなくなる時期(ダイエット停滞期)が来る原因は何なのでしょうか。

まず、一言でダイエット停滞期と言っても、

1.むくみによるダイエット停滞期
2.基礎代謝が低下したことによるダイエット停滞期

の2種類が挙げられます。

それぞれで原因は異なりますし、対処法も異なります。

むくみによるダイエット停滞期

「ダイエット停滞期に陥ったと思っていたけど、しばらくすれば自然と体重が落ち始めた。」という場合、むくみを原因としたダイエット停滞期の可能性があります。

人間の体の約60~65%は水分でできています。体の脂肪の量が全く変わらなくても、体の水分量の変化が原因で体重が変動する場合があります。

代表的なむくみによるダイエット停滞期といえば、まず生理前後の体重変化が挙げられます。

あなたも経験があると思いますが、生理の少し前くらいから、体重が増え始める現象です。そして、生理が始まると同時に体重が減り始めます。

この生理前後の体重の増減は、生理によるむくみが原因です。

そして、生理前にむくみで体重が増えやすい人の場合、食事制限などで体脂肪が減った場合でも、一時的に(生理が原因のむくみが続く限り)体重が減らない場合があります。

しかしこの場合、生理が始まると同時にむくみが改善され始めるので、それまで放っておけば自然と体重が減り始めます。

むくみの原因はその他にも体の疲れ、塩分の過剰摂取などが挙げられます。

むくみを原因としたダイエット停滞期は、放っておけばまた自然と体重が減り始めるので、何も考えずにダイエットを続けていけば勝手に解決される問題かもしれません。

基礎代謝の低下でダイエット停滞期に陥る

一般的にダイエット停滞期と言われているのが、基礎代謝の低下が原因で体重が減らなくなってしまう現象です。

ダイエットと言えば食事制限をする人がほとんどだと思いますが、食事制限をしていれば必ず基礎代謝が低下していきます。

食事制限を開始した当初は順調に体重が減っていきますが、食事制限の期間が長くなるにつれて基礎代謝の減り方が大きくなり、最後にはダイエット停滞期に陥ります。

ダイエット停滞期をどう脱出すべき?

では、ダイエット停滞期を脱出するにはどうすればよいのでしょうか?

そのためには当然ですが、基礎代謝の低下を防ぎ、さらに基礎代謝を上げていくようなダイエット方法に変えていく必要があります。

基礎代謝を上げるダイエット方法は一般的に筋トレが知られていますが、実は、筋トレを行っても基礎代謝はそれほど上がりません。

具体的に言えば、一般人が筋トレを行って増やせる基礎代謝量は、1年間で33kcal/日くらいです。1ヶ月間では3kcal/日弱しか基礎代謝は増えず、意味がないに等しいです。

ダイエット停滞期を脱出する方法としては、筋トレは全く役立たないわけです。

基礎代謝を上げる効果的な方法が、酵素ダイエットです。

実は、食事制限によるダイエットで基礎代謝が低下する最大の原因が、エネルギー代謝と深い関係にある体内酵素の減少です。

食事制限で栄養不足や栄養の偏りが起こると、体内酵素が減少してしまうのです。その体内酵素を補い、基礎代謝を上げて痩せやすい体を作るのが酵素ダイエットです。

酵素ダイエットに一番効果的な酵素ドリンクは、例えば優光泉酵素のような、酵素原液100%の酵素ドリンクです。

補う酵素量が多いほど基礎代謝が上がりやすいからです。