食べて痩せるダイエットには酵素で代謝アップを

食べて痩せるダイエット方法には食べる順番ダイエットと、低カロリーなものを好きなだけ食べるダイエットがあります。

どちらの方が、より効果的に痩せられるのでしょうか?


■食べる順番ダイエットの効果は?

食べる順番ダイエットとは、食事の時にごはんとおかずを食べる順番をコントロールすることで痩せる、というダイエット方法です。

食べる順番ダイエットの具体的な方法は、食事で「食物繊維→たんぱく質→炭水化物」の順に食べるというシンプルなものです。

例えば、サラダを食べてから肉や魚を食べ、最後にご飯を食べる、というやり方です。

なぜ食べる順番を変えるだけで痩せるのかと言えば、食物繊維を先に食べることで血糖値の分泌が緩やかになるからだと一般的には説明されています。

血糖値の分泌が急だと食べたものが体脂肪になりやすく、逆に、血糖値の分泌が緩やかだと食べたものが体脂肪になりにくい、というのが食べる順番ダイエットのしくみです。

しかし実際には、血糖値の分泌速度がどうであれ、摂取カロリーが同じなら体脂肪の付き方は同じです。

だから、上記のやり方で食べる順番ダイエットを行っても、ダイエット効果は特にありません。

食べて痩せるダイエット方法としては、効果がない方法だと言えます。


■低カロリーなものを好きなだけ食べるダイエット

例えば、キャベツダイエットなどがこれに該当しますが、食べて痩せるダイエット方法としては効果があるやり方です。

お腹がすいた時に、キャベツなどの低カロリーな食品を好きなだけ食べます。キャベツ以外にも、こんにゃくなど低カロリーなものなら何でもかまいません。

お腹がすいた時に高カロリーなものを間食するくらいなら、キャベツやこんにゃくなどの低カロリーな食品を間食した方が太らないわけです。

また、食事の少し前に低カロリーな食品を間食しておけば、食事の時にはある程度空腹感が収まっています。

ある程度満腹状態なので、ご飯のドカ食いを防いで摂取カロリーを減らせるわけです。

食べて痩せるダイエットは基礎代謝が低下

食べて痩せるダイエットの欠点は、基礎代謝が低下することです。食事による栄養バランスが偏るため(栄養不足に陥るため)、基礎代謝が低下するのです。

食べて痩せるダイエットに限らず、単純な食事制限、断食を行った場合にも、基礎代謝は低下します。

結局、摂取カロリーを減らして痩せるタイプのダイエットは、必ず基礎代謝が低下するので、太りやすい体質を招いてしまいます。

そこで、酵素を補って代謝アップを図っておくのが、ダイエット成功のコツです。

実は、食事量を減らすタイプのダイエットを行うと、栄養の偏りや栄養不足を原因として体内酵素が減少します。

そして、体内酵素量と基礎代謝には深い関係があります。体内酵素はエネルギー代謝に欠かせない成分(体脂肪→ATP変換に必須)だからです。

酵素を補っておけば基礎代謝の低下を防げる(基礎代謝が上がる)ので、単に摂取カロリーを減らすだけよりも、体重の減り方が速くなります。

酵素を補うなら、優光泉酵素のような酵素原液100%の酵素ドリンクがおすすめです。なぜなら、酵素原液100%の酵素ドリンクは酵素含有量が最高だからです。