内臓脂肪は脂肪溶解注射で減らせるの?

脂肪溶解注射は内臓脂肪というより皮下脂肪を減らす施術ですが、もし望むなら、内臓脂肪も脂肪溶解注射で減らすことが可能なのでしょうか。

また、脂肪吸引と脂肪溶解注射の効果の違いは何で、どのような場合に脂肪溶解注射を受けるべきなのでしょうか。

脂肪溶解注射の詳細と効果は?

脂肪溶解注射とは、脂肪を減らしたい(細くしたい)部位の皮下脂肪に、脂肪溶解成分(ホスファチジルコリン)を直接注射する施術です。

ホスファチジルコリンには脂肪を溶解させる作用があるので、皮下脂肪にこれを注射すると脂肪細胞が溶解されます。

脂肪溶解注射は注射だけの施術なので、皮膚を切る脂肪吸引より施術が簡単に終わるという特徴があります。

その反面、一回の施術で取れる脂肪が極端に少ない、というマイナス面も持ち合わせています。

要は、脂肪があまり取れなくても安全な施術を選びたいなら脂肪溶解注射、危険でもいいから脂肪をたくさん取りたいなら脂肪吸引、となります。

脂肪溶解注射でどれだけ脂肪が取れる?

脂肪溶解注射を一回すれば脂肪がどれくらい取れるのかと言うと、はっきり言って目視で確認できない程度のものです。

よって、脂肪溶解注射は一回の施術で脂肪を取るものではなく、最低でも5、6回ほど施術を重ねて小さな効果を積み重ねていくものです。

ただし、脂肪溶解注射を5、6回受けても、他人が気づくほど脂肪が取れるのかは微妙なところです。ほとんど気づかないレベルの脂肪を取るのに、費用は数十万円かかります。

脂肪溶解注射だけで大幅に脂肪を取りたい場合、数十回の施術を繰り返す必要があります。その場合、費用も数百万円に達します。

実は、脂肪溶解注射で溶かした脂肪は、体外に排出されるわけではありません。

例えば、二の腕に脂肪溶解注射を打つと、溶けた二の腕の皮下脂肪は血管に流れ込みます。血管に流れ込んだ脂肪はその後、別の部位の体脂肪として蓄積されます。

要は、脂肪溶解注射を何度打っても、体脂肪の絶対量(体重)は変化しないわけです。

脂肪溶解注射を打った部位がへこみ、体全体の他の部位の脂肪が増えます。当然、体のバランスは不自然になります。

また、溶けた脂肪が血液中に流れ込むわけですから、中性脂肪の数値が高くなります。その結果、動脈硬化の危険性が増します。

特に、中性脂肪の数値が高い人は元々動脈硬化の危険があるわけであり、そのような人が脂肪溶解注射の施術を受ける場合はかなり危険です。

脂肪溶解注射で内臓脂肪も減らせる?

残念ながら、脂肪溶解注射で内臓脂肪を減らすことはできません。

脂肪溶解注射は皮膚の表面の皮下脂肪に行う施術であり、内臓に近い内臓脂肪への施術は危険なので行えません。

なお、脂肪吸引であっても内臓脂肪を減らすことはできません。内臓脂肪は胃や腸を覆う腸間膜にあるため、内臓を傷つける恐れがあるからです。

また、一回の脂肪吸引で取れる脂肪の量も多くはなく、危険性の割にはあまり多くの脂肪を取ることはできません。

内臓脂肪を減らすには?

内臓脂肪を減らすには基本的に食事制限を行うか、運動を行う必要があります。ただ、食事制限にも運動にも一長一短があります。

食事制限より運動の方が内臓脂肪が減りやすい反面、運動より食事制限の方が(内臓脂肪と皮下脂肪を含めた)体脂肪全体の絶対量は減りやすいです。

どういうことかと言うと、運動でカロリーを消費する場合は内臓脂肪が優先的に使われやすい反面、運動は想像するほどカロリー消費量が多くないという欠点があるのです。

(例えば、体重50キロの人がジョギングを15分した場合の消費カロリーは91.8kcal。これに対して、コンビニのおにぎり1個分のカロリーは180kcal。)

運動後はお腹がすいて食べてしまう傾向にあります。運動で消費したカロリー以上に食べてしまい、運動後は逆に体重が増えてしまうことも多々あります。

だから、本格的に内臓脂肪を減らすためには、食事制限が必要不可欠です。

また、基礎代謝が高いと内臓脂肪が減りやすいですが、逆に基礎代謝が低いと内臓脂肪が蓄積しやすい傾向にあります。

ところで、酵素ダイエットは内臓脂肪が減りやすいダイエット方法です。

なぜなら、酵素ダイエットは食事制限をしながら、基礎代謝も上がるダイエット方法だからです。酵素ドリンクを利用した置き換えダイエットがまさにそうです。

体脂肪を消費(カロリー消費)する時、体内では必ず、体脂肪をエネルギー(ATP)に変換する酵素反応が起こります。体は体脂肪をそのままの形で消費できないからです。

体内酵素量が少なければ(体脂肪からエネルギーへの)変換効率が悪いため、基礎代謝も低いのです。

このように、基礎代謝は体内酵素量と深い関連性があります。

だから酵素を補えばエネルギー変換効率が上がり、基礎代謝も上がって痩せやすい体になるのです。

酵素ダイエットの効果は補う酵素量に比例するので、優光泉酵素(酵素原液100%)のような酵素含有量の多い酵素ドリンクの方が効果が高いです。