ボニックはダイエット効果なし。ダイエットマシンボニックの詳細

ボニックにダイエット効果がないことは明白です。ボニックとはダイエットマシンの1つですが、科学的観点から言って、ボニックにはダイエット効果がありません。

なぜ、ダイエットマシンのボニックに痩せる効果がないのかと言うと、ボニックの発する超音波や電気刺激(EMS)では脂肪が燃焼しないからです。

「脂肪が燃焼しない」=「脂肪が減らない」なので、ボニックにはダイエット効果がないことになります。

ボニックのダイエット効果の詳細

まず、ボニックになぜダイエットの効果があるのかという根拠ですが、「超音波&EMS」によって脂肪が減るからだと言われています。

「ボニック1台で超音波&EMSができる」のがダイエットマシンであるボニックの売りであり、ダイエット効果の根拠なのです。

ボニックの超音波は1秒間に100万回の振動を与えて、脂肪を柔らかくするようですが、体に直接振動を与えることはダイエット効果につながりません。

確かに痩身エステでも、超音波や振動を与える似たようなマッサージの機械があります。しかし、痩身エステのマッサージの機械もボニックと同様に、ダイエット効果はありません。

ボニックで痩せない理由

ボニックや痩身エステのマッサージ機で痩せない理由は非常にシンプルで、体に振動を与えてもカロリーを消費しないからです。

体が痩せるのは脂肪が燃焼する(脂肪が減る)からであり、脂肪を燃焼させるには体がカロリーを消費する必要があります。

そのカロリー消費は体を動かす(運動)か、基礎代謝(脳や臓器のカロリー消費)でしか起こりません。

自ら体を動かす燃料(体脂肪)が、車で例えればガソリンであり、ガソリンはエンジンを動かすことでしか消費されません。

燃料タンクを揺すっただけではガソリン(体脂肪)は減らないのです。

要は、超音波で脂肪を柔らかくする(脂肪を燃焼させる)というのは、医学を無視した考え方なのです。

ボニックのEMS機能に関しては、確かにEMSで体に電流を流せば多少は脂肪が燃焼します。なぜなら、EMSの電気刺激で筋肉が動く(筋肉が動く時にカロリー消費する)からです。

しかし問題は、EMS機能でどれだけの脂肪が燃焼するのか、です。

はっきり言えば、数時間ボニックのEMS電流を流し続けて、1kcalもカロリー消費すればよい方ではないでしょうか。ダイエット効果は限りなくゼロに近い数値です。

ボニックを使ってマッサージするのも時間と手間がかかる作業だと思いますが、その時間や手間は、限りなくゼロに近いダイエット効果に見合うものだとは思えません。