酢のダイエット効果の真実。酢はダイエットに役立たない

酢はダイエットに効果があると言われています。しかし、もし酢を飲めば逆に太る可能性があるとすれば・・・それでもあなたは酢でダイエットをしますか?

だから黒酢ダイエットなど、お酢のダイエットサプリを飲む必要は全くなく、酢のマイナスのダイエット効果を考えれば飲まない方がよいのです。

酢のダイエット効果について、真実を解説します。

お酢のダイエット効果の真実

なぜお酢のダイエット効果が信じられているのかと言うと、お酢に含まれている酢酸(体内でクエン酸に変化)がダイエットに役立つとの誤解があるからです。

人間のエネルギー代謝のしくみにはクエン酸回路があります。

クエン酸回路というのは、人間が生きていくためのエネルギーを生み出す、ミトコンドリアの中で行われる化学反応のことです。

ミトコンドリア内でオキサロ酢酸が複数回の化学反応を繰り返して、再びオキサロ酢酸に戻るサイクルのことです。

このクエン酸回路が1回行われるごとに、エネルギーであるATP(生体のエネルギー通貨)が生み出されます。

このクエン酸回路における化学反応では、オキサロ酢酸がある時点でクエン酸に変化します。(オキサロ酢酸→クエン酸→・・(8回の化学変化)・・→オキサロ酢酸)

そして、酢を飲んでクエン酸回路におけるクエン酸を直接補ってしまおう、というのが酢でダイエットをする理由です。

だから、酢のダイエット効果が信じられているわけです。

酢はダイエットに役立たない

しかし実際は、酢はダイエットに役立ちません。それどころか、酢にはマイナスのダイエット効果(逆に太る)さえあります。

酢がダイエットに役立たない理由は、酢を飲むことで逆にエネルギー代謝が低下するからです。酢を飲むと血中のクエン酸濃度が上がりますが、これが問題になります。

血中のクエン酸濃度が上がると、もう1つのエネルギー代謝のしくみである解糖系のエネルギー生産効率が落ちてしまうのです。

酢を飲むと数時間は血中のクエン酸濃度が上がった状態になります。その数時間はエネルギー代謝の効率が落ち、基礎代謝が低下するというわけです。

だから、黒酢ダイエットなどで酢を飲もうと考えているなら、酢にはマイナスのダイエット効果がある、ということを考慮しておく必要があります。

酢はダイエットに効果があるどころか、飲むと逆に太ってしまうのです。