カルニチンサプリの真実。カルニチンは効果なし

カルニチンのサプリにはダイエット効果があると信じられています。その理由は、カルニチンが脂肪をエネルギーに変換する時に必須の体内成分だからです。

さらに、「不足するカルニチンはサプリで補うしかない。」「カルニチンの不足分をサプリで補わなければ、脂肪を燃焼できずに太ってしまう」とも。

しかし、本当にカルニチンに効果があるのかは疑問が付くところです。カルニチンサプリを飲めば本当に痩せるのか?、カルニチンの効果について解説します。

カルニチンサプリは必要か?

なぜカルニチンサプリをダイエットで飲むのかと言うと、カルニチンが「脂肪をエネルギーに変換する時に必須の体内成分」だからです。

ところで、カルニチンサプリがどんな成分なのかを書くと、カルニチンは元々、心臓病の治療薬として使用されていたものです。

また、生まれつきの病気で、脂肪をエネルギーに変換できない体質(脂肪酸酸化異常症)の人に対する治療薬として使用されています。

こう見ると、カルニチンにダイエット効果があるように思えます。

このカルニチンの痩せそうな印象にダイエット関係の会社が飛びつき、テレビや雑誌などで大々的に宣伝してカルニチンサプリを売り出すようになったのです。

では、カルニチンの効果は医学的に実証されているのでしょうか?

カルニチンの効果は本当か?

カルニチンの効果が本物なら何も問題はないわけですが、実際には、ダイエットの観点から見ればカルニチンに効果はありません。

はっきり言えば、ダイエットに関するカルニチンの効果は、医学的に実証されていないのです。

逆に、実際に行われた試験内容を見れば、カルニチンに効果がないことが実証された、との見方もできます。

カルニチンにダイエット効果があるのかを調べる、次の試験が行われています。

「肥満の成人35名にL-カルニチン200mg/日+共役リノール酸700mg/日を8週間摂取させたところ、体重、体脂肪率、BMIに変化はなかった。」

35名がL-カルニチンを8週間、十分な量摂取した結果として、体重も体脂肪も全く変化がなかったわけです。

ダイエットサプリと呼ばれるものにはカルニチンのサプリだけではなく、コエンザイムやアミノ酸などもあります。

しかし、こういったダイエットサプリは全て、カルニチンと同様に効果がないと考えておいた方が良いでしょう。